【終了しました】【共催事業】会津『第九』演奏会2018

年末によく耳にする交響曲第9番は1918年6月1日に坂東俘虜収容所でドイツ人兵捕虜により演奏されたのがアジア初演である。このとき収容所所長を務めていたのが会津出身の松江豊寿であり、第9代若松市長である。会津が生んだ偉大なる先人「松江豊寿」を顕彰し、文化振興・発展に寄与するため3年に1度開催されている会津『第九』演奏会。今回は第九アジア初演100周年記念の特別演奏会として開催します。

【 指 揮 】渡部勝彦
【 ソリスト 】■ソプラノ:大倉由紀枝 ■アルト:星由佳子 ■テノール:星洋二 ■バリトン:千葉裕一
【 管 弦 楽 】会津市民オーケストラ
【 合 唱 】会津「第九」演奏会合唱団、全日本「第九を歌う会」連合会

【 プログラム 】
○講演「会津魂と第九」
○オーケストラ演奏 
 リヒャルト・ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より 第1幕への前奏曲
○ベートーヴェン作曲 交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱付き」

○チラシを見る(準備中)

—————————————————————————-


会津『第九』演奏会2014より

★★ 終了しました ★★

2018年9月24日(月祝) 13:30開演(12:30開場)

会場 會津風雅堂
自由席
一般2,000円、高校生以下500円

※未就学児童入場不可

前売券販売所
會津風雅堂、喜多方プラザ、
カワイ会津若松店、
ミュージックプラザ白水堂(若松店)

【問い合わせ】
会津第九の会  TEL.0242-27-0065

【事業レビュー】第八回市民参加のてづくり舞台

第八回市民参加のてづくり舞台「長い、会い直し~會長幾星霜~」
上演台本:古川貴義(箱庭円舞曲、磐梯町出身)
演出:二瓶悟史
演技指導:小暮智美(劇団青年座、下郷町出身)
助成:芸術文化振興基金

日時:平成30年7月14日(土)18:30開演~20:40終演 
       7月15日(日)13:30開演~15:40終演
日付指定・自由席:一般1,500円、大学生以下500円 ※当日各200円増
入場者数:858名

■公演チラシ(PDF


ゲスト出演:小暮智美さん(劇団青年座)


上演台本・演出指導:古川貴義さん(箱庭円舞曲)

地域の人物や事柄をテーマにした演劇公演を地域住民の手によって創り上げる「てづくり舞台」。今回は戊辰150周年を記念して、第一回公演『早春譜』をベースに磐梯町出身のプロの劇作家・古川貴義氏に現代風にアレンジしていただき、二瓶悟史氏の演出で上演しました。公募によって集まった参加者約40人が約8ヶ月かけて稽古を重ねた成果を沢山の方に鑑賞していただきました。

【終了しました】能 体験講座 公演鑑賞付!

日本が世界に誇る伝統芸能「能」を本物の能舞台で体験してみませんか。
初心者を対象に能の基本を学びます。脈々と受け継がれてきた伝統の技を
ぜひ体験してみてください。


※写真は昨年の体験講座の様子

■チラシ(準備中)

講 師:会津能楽会

日 時:平成30年9月30日(日) 13:30開始(13:00受付開始)※2時間30分程度を予定

会 場:会津能楽堂(会津若松市城東町14番52号 TEL.0242-26-6661)

参加料:無 料

対 象:興味のある方どなたでも

定 員:先着20名様限定 ※定員になり次第、受付終了

内 容:1.能の歴史や用語についての説明
    2.能の動きや発声の体験
    3.会津能楽会による演能の鑑賞 など

申込方法:次の1~5を明記して、はがき、FAX、メールのいずれかの方法でお申し込みください。

1.氏名(ふりがな) 2.性別 3.年齢 4.住所 5.電話番号

〒965-0807 会津若松市城東町14番52号 会津若松市文化センター「能WS」係
FAX.0242-26-6665 ※メールの方はお問い合わせフォームをご利用ください。

【お問い合わせ】会津若松市文化センター TEL.0242-26-6661(月曜休館)

【事業レビュー】中学生芸術鑑賞教室 劇団銅鑼「チャージ」

中学生芸術鑑賞教室
劇団銅鑼「チャージ」

日時:平成30年7月4日(水)①10:00開演~11:45終演 ②13:30開演~15:15終演
※この事業は会津若松市内の中学2年生を対象に実施しました。
(一般の方も一階席後方で鑑賞可能)
観賞者数:1,204名

■公演プログラム(PDF)

人生の中で最も多感な時期である青年期の学生に、優れた舞台芸術を鑑賞していただく事で、芸術文化の素晴らしさを認識していただくとともに、心豊かな人間の育成に寄与する事を目的とし、毎年開催している中学生芸術鑑賞教室。今回は、ビル清掃会社を舞台に”働くこと・生きること”の原点について考えさせられる演劇作品を上演しました。

【事業レビュー】小学生芸術鑑賞教室 劇団前進座「龍の子太郎」

小学生芸術鑑賞教室・キッズシアター
劇団前進座「龍の子太郎」

日時:平成30年6月13日(水)9:30開演~11:25終演
※この事業は会津若松市内の小学5年生を対象に実施しました
観賞者数:1,220名

■公演プログラム(PDF)

松谷みよ子の代表的児童文学を舞台化。長野県に伝わる民話から生まれたファンタジー。
なまけものの太郎が母を探す旅に出る。旅の中で動物や鬼、様々な人たちと出会い、成長していく。人は一人では生きられない、家族や仲間みんなに支えられている、そんなメッセージを楽しい劇を通して伝えました。

【終了しました】松竹新派特別公演『華岡青洲の妻』

新派百三十年記念に相応しい名作で贈る大型企画

平成30年度の松竹新派特別公演は、医学の世界を描いた有吉佐和子不朽の名作『華岡青洲の妻』を上演致します。世界初の全身麻酔手術の成功を収めた陰には嫁姑が競って人体実験を望んだ女同士の壮絶な戦いが、発明のエネルギーになったというエピソードを劇化した当作品は、昭和42年の初演以来今日まで杉村春子をはじめ錚々たる名優たちが演技の火花を散らしてきたスケールの大きな作品です。今回は、息子の成功を願う母・於継役に水谷八重子、麻酔薬の完成に執念を燃やす医師・華岡青洲役に喜多村緑郎、献身的につくす妻・加恵役に河合雪之丞、そして思いを秘めた妹・小陸役に波乃久里子、と豪華な配役が実現いたしました。

【 出演 】 水谷八重子、波乃久里子、河合雪之丞、喜多村緑郎、ほか

○チラシを見る(PDF)

—————————————————————————-

★★ 終了しました ★★

2018年8月21日(火) 14:00開演(13:30開場)

会場 會津風雅堂
全席指定 S席4,000円、A席3,500円
(当日各200円増し)

※大学生以下の学生は各1,000円引き。
※未就学児童の入場・同伴はできません。

前売券販売所
會津風雅堂、アピタ会津若松店、
アピオスペース、栄町オサダ、
會津風雅堂ホームページ

【問い合わせ・電話でのお申し込み】
會津風雅堂  TEL.0242-27-0900
※電話でのお申し込みは、手数料がかかります。

【終了しました】【提携事業】ハナミズキ室内合奏団『小川有紀子とその仲間たち』

日本のクラシック音楽界を支える至宝とも言えるメンバーによる演奏会

プルデンシャル生命復興支援コンサートシリーズ第7弾
ハナミズキ室内合奏団『小川有紀子とその仲間たち』
会津若松市・大熊町 in 會津風雅堂

【 出演 】
■小川有紀子(ヴァイオリン)
仙台フィル第2ヴァイオリン副首席奏者、ハナミズキ室内合奏団主宰
■青木高志(ヴァイオリン)
元東京フィルコンサートマスター、The Orchestra Japanコンサートマスター
■戸原直(ヴァイオリン)
藝大フィルコンサートマスター
■村津瑠記(ヴァイオリン)
藝大フィル第2ヴァイオリン首席奏者
■大野かおる(ヴィオラ)
日本を代表するヴィオラ奏者のひとり、アンサンブル de トウキョウ創立メンバー
■阪本奈津子(ヴィオラ)
クァルテット アルモニコ結成メンバー
■西谷牧人(チェロ)
東京交響楽団チェロ首席奏者
■松本恒瑛(チェロ)
新日本フィル元契約団員
■清田裕里江(パーカッション)
ディズニー・オン・クラシック2017シーズン参加

【演奏予定曲目】
メンデルスゾーン「弦楽八重奏曲」
NHK大河ドラマ「八重の桜メインテーマ曲」
会津磐梯山(民謡)
相馬盆唄(民謡)
ほか
※演奏曲目は都合により変更となる場合もございます

○チラシを見る(PDF)

—————————————————————————-


小川有紀子

★楽器体験コーナー★
出演者の直接指導により弦楽器や打楽器が体験できるコーナーです。楽器との出会いをぜひお楽しみに。

8月19日(日)13:15~13:40
会場:會津風雅堂 談話コーナー

★★ 終了しました ★★

2018年8月19日(日) 14:00開演(13:15開場)

会場 會津風雅堂
全席指定
一般3,000円、大学生以下1,500円

※未就学児童入場不可

前売券販売所
會津風雅堂、栄町オサダ、
ミュージックプラザ白水堂(若松店)

【問い合わせ】
ハナミズキ音楽事務所  TEL.070-2644-6015

【終了しました】【共催事業】戊辰百五十周年 会津オペラ『白虎』

有名な史実である白虎隊の集団自決。生き残った飯沼貞吉にスポットをあて、戊辰戦争の一コマを描く。恭順説を説いた筆頭家老・西郷頼母を伯父に持つ飯沼貞吉が、会津武士の生き様と頼母の生き様、その両者の葛藤の先に見出した答えとは。
また白虎隊の集団自決と同様に有名な、西郷邸での女性たちの集団自決の様子も描く。当時の会津武士の生き様、什の掟に代表されるような教えは、貞吉ら白虎隊隊士にどのような影響を与えていたのか。

■台本:宮本益光 ■作曲:加藤昌則 ■指揮:佐藤正浩 ■演出:岩田達宗
■チーフプロデューサー:石原正之
■エグゼクティブプロデューサー:池田卓夫

【 出演 】
■飯沼貞吉:藤田卓也 ■飯沼貞雄(貞吉):高橋啓三 ■西郷頼母:黒田博 ■西郷千重子:腰越満美
■オペラ白虎合唱団(会津若松市民を中心に結成)
■オペラ白虎特別編成オーケストラ(NHK交響楽団の団員の有志を中心に編成)

○チラシを見る(PDF)

—————————————————————————-


前回公演(平成24年7月)の様子

★★ 終了しました ★★

2018年7月28日(土) ・29日(日)
両日とも14:00開演(13:00開場)

会場 會津風雅堂
全席指定
S席5,000円
A席3,000円
B席2,000円

※未就学児童入場不可

前売券販売所
會津風雅堂、
ナディスコンサート係

【問い合わせ・電話でのお申し込み】
ナディスコンサート係  TEL.0242-38-2024

【終了しました】クレオール・ニッポン ーうたの記憶を旅するー

歌手・松田美緒が2012年にスタートしたプロジェクト。日本の農村、海、山の生活の中でかつて歌われていた民謡から、異文化と交じり合って生まれた「クレオール」的な日本語の歌、またブラジルやハワイへ移民した人々によって歌われた歌など、独自の視点で選び抜いた多様な日本語の歌をうたい、語ります。普遍的な感情と生活が滲んだ歌の数々は、聴衆を深い感動にいざないます。

【  歌  】松田美緒
【 ピアノ 】鶴来正基
【 パーカッション 】渡辺亮

【 演奏予定曲目 】
○原釜大漁歌い込み(福島) ○山子歌(秋田) ○レモングラス(ミクロネシア、小笠原)
○ホレホレ節(ハワイ) ○移民節(ブラジル) ほか
※演奏曲目は都合により変更する場合がございます

○チラシを見る(PDF)

—————————————————————————-


松田美緒

★★ 終了しました ★★

2018年9月13日(木) 18:30開演(18:00開場)

会場 会津若松市文化センター
自由席2,500円
(当日2,700円)

※未就学児童入場不可

前売券販売所
會津風雅堂、アピタ会津若松店、
アピオスペース、栄町オサダ、
會津風雅堂ホームページ

【問い合わせ・電話でのお申し込み】
會津風雅堂  TEL.0242-27-0900
※電話でのお申し込みは、手数料がかかります。

【終了しました】第八回市民参加のてづくり舞台『長い、会い直し~會長幾星霜~』

3年に1度の住民参加型演劇公演

生粋の会津人、原田吉エ門の孫娘が連れてきた結婚相手は、長州出身だった。
時は平成30年。薩摩長州から理不尽な仕打ちを受けた、あの戊辰戦争から150年。
時代遅れだと言われても、吉エ門は許せなかった。
いくら相手が好青年でも、許せなかった。
相手の祖母が来ようとも、許せ・・・。
吉エ門が葛藤しているその時間にも、
新たな未来は日々生まれ、過ぎ去っていく。
人が過去とどう向き合うかを、現代の会津を舞台に描く、未来のための市民劇。

【 原案 】 第一回市民参加のてづくり舞台 公募台本『早春譜』(作:松井香奈枝)
【 演出 】 二瓶悟史
【 上演台本・演出指導 】 古川貴義(箱庭円舞曲・磐梯町出身)
【 演技指導 】 小暮智美(劇団青年座・下郷町出身)

○チラシを見る(PDF)

—————————————————————————-

★★ 終了しました ★★

2018年7月14日(土) 18:30開演(18:00開場)
2018年7月15日(日) 13:30開演(13:00開場)

会場 會津風雅堂
日時指定・自由席
一般1,500円、大学生以下500円
(当日各200円増し)

※未就学児童入場無料
(他のお客様のご迷惑となる場合は、ご退席いただくこともあります)

前売券販売所
會津風雅堂、アピタ会津若松店、
アピオスペース、栄町オサダ、
會津風雅堂ホームページ

【問い合わせ・電話でのお申し込み】
會津風雅堂  TEL.0242-27-0900
※電話でのお申し込みは、手数料がかかります。