【終了しました】【共催事業】会津子ども劇場 第191回高学年例会「父と暮せば」

人形劇ならではの仕掛けが生きる

1948年夏、広島。3年前の原爆により目の前で父を亡くした美津江は、幸せになることを自分に禁じて生きてきた。そんな彼女の前に、幽霊になった父が現れ…。
数ある井上ひさし作品の中でも「笑いと涙と、戦後日本の最高の喜劇」として再演を重ねる名作。人形劇による上演は初めてのこと。むすび座版「父と暮せば」は人形劇の特質を活かし、空間を自在に駆けめぐりつつ、生者と死者・意識と無意識の垣根をも軽やかに越えて見せる。

 
父と暮らせば-2

チラシを見る:PDF

2016年7月13日(水)18:30開演(18:00開場)

会場 会津若松市文化センター
自由席 一般2,000円
※小学3年生以上対象(3年生未満入場不可)
※託児あり:一人200円(3日前までに申込要)

★★ 好評発売中 ★★

前売券販売所

〇會津風雅堂

〇会津子ども劇場

【問い合わせ】
会津子ども劇場
TEL.0242-27-0588