【事業レビュー】小学生芸術鑑賞教室・オペラ「森は生きている」

小学生芸術鑑賞教室・キッズシアター
オペラシアターこんにゃく座 オペラ「森は生きている」

日時:平成29年6月14日(水)9:30開演~11:45終演
※この事業は会津若松市内の小学5年生を対象に実施しました
観賞者数:1,200名

■公演プログラム(PDF

人と人、人と自然のつながりを楽しみながら考えさせられる不朽の名作

新しい年を迎える大晦日、わがままな女王が、4月に咲くマツユキ草が欲しいと言い出しました。ほうびの金貨に目がくらむ継母のいいつけで、娘は吹雪の中、暗い森に追いやられます。森の中で娘は、たき火を囲む〈十二月の精〉たちと出会います。娘の話を聞いた四月の精は時を操り、周りはたちまち春へと季節を変え、娘は無事にマツユキ草を手にします。それを渡された女王は、自らマツユキ草を摘むために吹雪の森へ出かけます。しかし、そこで待ち受けていたのは・・・。

ピアノの演奏に載せて響き渡る美しい歌声、工夫を凝らした大道具、最小限の人数で1人何役も出演するなど、見どころ満載の舞台に児童も大喜びでした。